留学に参加した塙真季さんの体験談をご紹介。
ナビのロゴ
  • お問い合わせ 資料請求 お申込み 説明会情報 メルマガ
  • 安心サポート よくある質問

塙真季さん  ~短期留学とインターンシップ~

塙真季さん
お名前 場所 留学 期間
塙真季さん(大学3回生) 上海 短期留学とインターンシップ 2008年8月
中国で輝いている人々との出会い!短期インターンの体験談

異文化交流の楽しさを体感

中央民族大学にて記念写真:塙真季さん短期インターンシップでは、多くのことを得ることができ、大変充実した1ヶ月間でした。 まず、異文化交流をたくさんできたこと。私は大学で中国語を専攻しているので、自分 の語学力を試す良い機会となりました。教科書とは違う実際のコミュニケーションの場面では、自分の語学力のなさを痛感した場面も。しかし、ゆっくりと簡単な中国語で話すようお願いし、時にはボディランゲージを使って会話していくことで、異文化交流の楽しさ を体感することができました。 インターン先の会社員とは帰国した今でも、メールで交流を続けています。これからも中国 語の勉強に励み、さらなる語学力の向上に努めたいです。

中国で出会ったいきいきと輝いている人々

活気に満ちた中国を肌で感じることもできました。私がインターンに行った時期は北京オリンピック と重なっていたこともあり、全国民が自国を発展させていこうと奮起している姿は、ちょうど日本の 高度経済成長の時期を彷彿させました。

中国の活気に満ちた姿は、たくさんの場面で出会うことができました。たとえば早朝の電車内で、 新聞を必死に読む若い女性の姿、インターン先の会社で、多忙の通常業務の合間を縫って、 私たち日本人とコミュニケーションをとって日本語を習得しようと奮起している会社員の姿。さらに 社内清掃の女性の目はいきいきと輝いていて、自分の生き方に誇りを持って仕事に励む姿が 印象的でした。

これからの目標に向かって

インターン中の話し合い:塙真季さん中国の熱気を肌で感じ、今こそ日本も一人一人が発展のために奮起するべきだと思いました。一人一人のエネルギーが国を変える力を持っていると中国で改めて感じることができました。

よく日本と中国を表す言葉として「一衣帯水」という言葉があります。これからの日本の行方を担う私たち若い世代が、日中の関係をさらに密にして、ともに発展させていくことが重要です。 私は、日中関係の友好のための橋渡しとなるよう、これからも頑張っていきたいです。

中国留学の体験談トップ


EditRegion7