よくある質問-高校留学コースのご案内。
ナビのロゴ
  • お問い合わせ 資料請求 お申込み 説明会情報 メルマガ
  • 安心サポート よくある質問

よくある質問   ~ 高校留学 ~

【留学カウンセリングでのよくあるご質問】

Q CIPはどのような企業ですか?
CIPでは、現地の学校、受入れ先と提携し、留学開発から実施まで一貫した独自の留学プログラムを展開しています。高校生から大学生、社会人、それぞれの目的に合ったきめ細かいプランを提案していきます。
QCIP高校留学プログラムの特徴を教えてください。
中国と日本の教育システムを熟知している教育専門の先生が各留学プログラムを開発し、学生それぞれの特徴に合わせてベストな留学プランを提案します。

また、CIP日本オフィスと中国の現地オフィスによる一貫したサポート体制で、海外経験があまりない方でも安心して中国での高校生活をスタートできるよう相談、アドバイスを行います。 
 
Qどの地域への留学が多いですか?
高校留学では特に、教育の質の高さから北京、上海の学校への留学に人気があります。
Q高校はどのように選択していきますか?
まずはカウンセリングシにて、今のご自身の状況やご希望を明確にしていきます。それを元に、教育担当の先生より学校選択のアドバイスを行っていきます。
 
各学校の特色、開講コース、学校の規模など、学校選択のポイントを重点的にご説明し、ご自身に合った留学プランをご提案していきます。
Q中国語はまだ勉強したことがないのですが、 留学はできますか?
高校留学スタートの4、5ヶ月前に現地に渡航して、中国語会話力の強化コースを受講することもできます。

現地にて、対外国人教育専門のネイティブの先生から教わるので、きれいで正しい発音をしっかり学ぶことができ、今後、中級、上級にレベルアップするために欠かせない重要な基礎力を作ることができます。

【渡航準備のよくあるご質問】

Q準備期間はどれくらい必要でしょうか?
状況によって異なりますが、最短3ヶ月で平均的には6ヶ月間が目安となります。ご準備の第一歩は情報収集から始まります。CIPの留学カウンセリングなどで詳しい情報を収集し、ご自身に合った留学プランを立てていきましょう。
Q準備から現地渡航までの流れを教えてください。
1.個別カウンセリング
   ↓
2.お申込み手続き
   ↓
3.学校選択・入学申請
   ↓
4.渡航手続き(ビザ、航空券、海外保険など)
   ↓
5.発前のオリエンテーション
   ↓
6.出発
Q必要書類はどのようなものですか?
留学期間、留学先学校によって必要書類が異なります。カウンセリングにて学校選択後、詳細をご案内いたします。また、成績証明書の中国語翻訳など必要書類の作成サポートも可能です。
Q入学の時期はいつですか?
中国の高校は2学期制です。

1学期:9月 / 2学期:2月
※一部学校は4月入学もあります。

多くの高校では9月からの入学が一般的ですが、2月、4月からの受け入れを行っている学校もありますので、お気軽にご相談ください。
Q1年間留学するか、現地の高校を卒業するかまだ迷っています。
もし、本当は中国の高校卒業を目指したいけれど、自信がないという場合でしたら、まず1年間で留学をスタートし、途中で卒業までのプログラムに切り替えることも可能です。
Q学費、寮費の目安を教えてください。
学校によって異なりますが、おおよその目安は下記の通りです。 尚、現地でのお小遣い・生活費などは通常1ヶ月、2~3万円程度でカバーできます。

学費 (1年間): 70,000~90,000RMB (約100万~135万円)
寮費 (1年間): 15,000~18,000RMB (約23万~27万円)

【現地生活に関するよくあるご質問】

Q渡航後から授業スタートまではどのように過ごしますか?
通常、高校が始まる数日前に渡航するため、到着後まもなく高校生活がスタートします。

CIP現地スタッフより、滞在先の周辺の環境(銀行、最寄り駅、商店など)などをご案内します。大半の方は学校内の寮に滞在しますが、ホームステイをされる場合は、通学順路についても一緒に確認いたします。初日は入学のオリエンテーションなどで、2日目から授業が開始する学校が多いです。
Q充実した留学を実現するコツはありますか?
勉強、生活、あらゆる場面で積極的な行動が大切になります。

わからないことがあっても自分から周りの人に尋ねたり、何事にも前向きにトライすることで、より幅広い人との交流の輪を広げていくことができます。語学力を高め、多くの交流の中で人間力を強くすることは今後の進路にも大きく役立ちます。
Q授業についていけるか心配です。
授業では、他の生徒と自分を比較するのではなく、その日、その日の学習内容を理解し、自分で消化して知識として定着していくことに集中しましょう。

一番のコツは、わからないことを積極的に先生に質問する、予習・復習の継続です。当たり前のことを継続できる人が着実に学力を伸ばしていきます。
Q授業の形態は日本と違いはありますか?
中国の学校では、知識を学ぶことと自ら探求することを融合させた授業方法の実施に重点を置いています。例えば学んだ内容をさらに自分で深く調べ、パワーポイントを使って発表するなど、知識の応用、積極的な発言を重視しています。
Qどのような科目を勉強しますか?
●主な必修科目
中国語、英語、数学、地理、歴史、科学、物理、化学、体育、美術、音楽など

●選択科目の例
書道、ダンス、ピアノ、フランス語、ドイツ語、TOEFL対策、家庭科、心理学、パソコンなど
Q学校に寮はありますか?
ほとんどの学校に寮があります。
Qホームステイは可能ですか?
CIPでは、ホームステイのプログラムも実施しています。

ホームステイは短期期間の学生さんがより現地の文化に触れるためにチャレンジされるケースが多いです。長期の学生さんの場合、基本的に学校の寮に滞在します。
Q食事はどこでとればいいですか?
現校内の食堂を利用することができます。(通常、朝食~夕食まで営業しています)
Q通学時間はどれくらいかかりますか?
学校内に寮があるので、徒歩数分で登校できます。 ホームステイの場合は、通学時間も考慮しながら滞在先を選択していきます。
Qクラブや課外活動はありますか?
日本のように毎日クラブ活動を行うことは多くないようですが、教師の指導のもと定期的にクラブ活動を実施する学校が多いようです。バスケ、サッカーなどの運動部や、美術、書道などの文化部もあります。
Q週末はどのように過ごせばいいですか?
授業の予習・復習をして来週の授業に備えることと、リフレッシュの時間を有効に活用しましょう。中国には文化遺産や名所旧跡など数多くありますので、友達と楽しみながら散策するのもいいかもしれません。

より広い視野で中国に関する興味や情報を蓄えることで、ご自身が好きなこと、今後さらに深く学びたいことなど方向性を考えることにも役に立つことでしょう。

【進路に関するよくあるご質問】

Q中国の高校を卒業するのは難しいですか?
中国語を積極的に使い、きちんと毎回の授業に出席し、宿題などを提出していけば、決して難しいことではありません。周囲と比べることより、目の前の授業、課題に集中して取り組むことを大切にしましょう。
Q1年間留学してから、日本の学校で元の学年に復学できますか?
単位認定制度を利用して、元の学年に復学することも可能です。認定基準は、学校により扱いが異なりますので、在学校の学校長、担当の先生に直接ご確認が必要です。
Q中国の高校卒業後はどのような進路がありますか?
多くの学生は国内外の大学に進学します。進学先は日本の大学の場合、一般入試の他、海外帰国生入試やAO入試で受験する方も多いです。また中国や欧米の大学に進学する方もいます。

EditRegion7