中国の携帯電話契約者数は12億人を超え、全人口の9割に達します。上海や北京の都市部ではほぼ100%の人が携帯電話を利用しており、街中では日本以上にWi-Fiホットスポットが整備され、ほとんどのカフェやファーストフード店、ホテルのロビーなどで無料Wi-Fiが利用できます。

スマートフォン需要もここ数年で急激に伸び、2013年末の4G(TD-LTE)の登場や、「1000元スマホ」で知られる中国メーカーの低価格スマートフォンの普及に伴い、今後ますますの拡大が予想されています。

今やほとんどの大学生、そして留学生も携帯電話を持っており、携帯電話は現地での生活や友だちとのコミュニケーションに必須のアイテムと言えるでしょう。

スマホ

 

留学中に携帯やスマホを使用する一番簡単な方法はをご紹介します。スマホと携帯を中心に書いていますが、パソコンでインターネットを利用する方は「無料・レンタルWi-Fiの利用」を参照してください。