「使える中国語」を身に付ける

 ここ数年、中国語の学習者は、日本を含め世界中で増え続けています。

語学の学習は、ただ漫然と勉強していてもあまり効果は期待できません。中国語を勉強して何をしたいか、どんな中国語を身につけたいか、まずは具体的な目標を設定することが大切です。それによって学習方法は自ずと変わってきます。

最も大切なことは、一言で言うと「使える中国語」、つまり、仕事に使えるレベルの高度な語学力・運用能力を身につけることです。 そして、限られた留学期間の中で最大限の学習成果をあげられるよう、一人一人の到達レベルまできめ細かく考慮しながら、密度の濃い学習の場を提供します。

就職アピール力を強化

学習の目標が人それぞれ違うように、留学の目的もさまざまです。

1990年代以降、中国に留学する学生の数は飛躍的に増えました。その反面、多様化する留学の目的に比べ、中国留学のスタイルは依然画一的で、さまざまな留学希望者のニーズを十分に反映したものとは言えませんでした。

そうしたニーズの変化に応えるべく既存のものとは違った新たな留学スタイルとして、留学+α(インターンシップ:企業での研修体験)が注目を集めるようになりました。 また、将来の国際就職の機会につながるよう、就職の際に必要とされる中国語の資格試験(HSK)の取得も重要性を増しています。

あなたに合ったプラン選び

CIPの留学プログラムは、中国の大学と提携すると同時に、その企画から実施まで、すべて当社が直接運営しております。

この体制によって、プログラム開始から終了まで、目的に沿った、一貫性のある留学プログラムを提供することが可能となります。 また、担当講師・プログラム構成・提携先選別などに関して、独自の視点に立ち常に最高レベルの教育レベルを目指して努力し続けています。