中国の大学院留学にチャレンジした松田彩さんの体験談をご紹介。
ナビのロゴ
  • お問い合わせ 資料請求 お申込み 説明会情報 メルマガ
  • 安心サポート よくある質問
中国語強化集中コース中国語 強化集中コースの授業1中国語 強化集中コースの授業2

松田彩さん  ~中国大学院留学~

松田彩さん
お名前 場所 留学
松田彩さん 北京大学 大学院 中国大学院留学サポートコース
国際派を目指して切磋琢磨する日々

北京大学大学院の授業内容

専攻の哲学部では、今学期はまず司馬遷の「史記」を原文で読んで、そのあとそれに関する学者の注訳や解説書を読み、理解を深めていきました。歴史学部の授業では、あるテーマや課題本を教授によって学生たちに振り分けられ、その発表を中心に授業を進めていきました。

学期末には論文の提出もあり、あらかじめ決められたテーマについて、クラスメイトの協力や教授のアドバイスのもと最後まで書き上げることができました。

意識の高い学生たちに囲まれた環境

現地の中国人学生からは学ぶべきところがたくさんあります。彼らは自分の意見をしっかりと持っている一方で、他の人も尊重し、謙虚さも兼ねて揃えています。それゆえ、ディベートの能力が非常に高く、ときには教授にも臆せず意見を述べ、いつも白熱した議論が繰り広げられていました。

彼らは私にとても親身になってくれ、論文の作成や中国語の学習にいつも優しく手を差し伸べてくれました。そんな彼らの背景は実に多様で、すでに結婚している人や、卒業後は留学する予定している人など様々です。しかし皆共通して意識が非常に高く、一緒に学んでいてとても刺激を受けます。

授業以外でも勉強に打ち込む日々

普段から専門の文献をたくさん読むように心がけています。図書館には日本語の本が豊富にあるので、日本語で専門図書を読むことも学習の理解の助けとなっています。

中国語の向上もかかせないので、忙しくとも中国語の学習時間を作っています。古代言語である漢文を原文のまま読んでいくことはとても大変でしたが、最近は少しずつ慣れてきました。

また、文化の面からも中国への理解を深めたいと思い、水墨画、二胡なども習いに行っています。

これからも平和な国際社会という理想を追いかけたい!

北京での学生生活も1年が過ぎました。アメリカ・中国と続く海外生活の中で、ようやく日本を外から見ることができるようになったと感じます。そして日本人でありながら、日本を客観的に捉えられるようになったことで、日本と国際社会との関わり方についてより考えさせられるようになりました。そんな私だからこそできることをこれからも模索し続け、平和な国際社会づくりに貢献できるよう、理想を追い求めていきたいです。

松田彩さん体験談1へ

中国留学の体験談トップ


EditRegion7