留学先の地域・大学をご紹介ープチ短期留学のご案内
ナビのロゴ
  • お問い合わせ 資料請求 お申込み 説明会情報 メルマガ
  • 安心サポート よくある質問

滞在先のホストファミリー・留学生寮をご紹介   ~ プチ短期留学の滞在先 ~

大学の留学生寮 ~ 滞在先のご紹介 ~

留学生寮のご紹介!

世界からの留学生たち世界各国から来ている多くの留学生が滞在する、大学の留学生寮。
毎日いろいろな留学生と顔を合わせられるので、友達も作りやすく、より深い留学生活になるでしょう。






一人部屋

一人部屋

二人部屋

二人部屋

リビング(二人部屋)

リビング(二人部屋)

キッチン

キッチン

洗濯室

洗濯室

売店

売店

パソコン室

パソコン室

ロビー

ロビー

◇ 設備(例)◇
* エアコン
* テレビ * 棚、机、椅
* ベッド・枕などの寝具
* シャワー・トイレ

※ 大学により異なります。あくまで参考としてお考えください。

引用元:中国留学ナビ 短期集中留学 大学キャンパス・留学生寮のご紹介!

ホームステイ先のご家族をご紹介 ~ 滞在先のご紹介 ~

CIPでは、以下の項目にあてはまるホストファミリーだけをご紹介。
都市ごとにホストファミリーを厳選しているので安心です。!

ホストファイミリーのご紹介

中国語を話す家庭

1人部屋を用意してくれる家庭

優しくて明るいしっかりとした家庭

夏休み短期高校留学の詳細はこちら

王さん(ホストファミリー)
家族構成:お父さん(王建平) 、お母さん(張春福)、 息子(王哲)
職 業:大学教授

ペット:なし

王さんのコメント:
家族全員、日本には興味を持っています。大学生の息子は普段は大学の寮に住んでいますが、たまに家に戻ってくるときには、是非日本語や日本語のことを教えてあげてほしいと思います。 家は、市内にも近いですが周囲は静かで環境も良いと思います。中国のことや、中国語のことなど何でも聞いて下さいね。

~スタッフより~
もてなし好きな、とても暖かい一家です。近くに大型スーパーもあり、生活も便利です。

張さん(ホストファミリー)
家族構成:お父さん(張暁兵)、お母さん(馬小玲)
職 業:大学教授(退職)・主婦


張さんのコメント:
日本人に対しては、とても礼儀正しいという印象を持っています。ただ、中国語で話すときは少し大人しい感じがしますね。一緒に生活する中で、もっと積極的に会話できれば良いと思います。北京育ちですので、機会があれば「老北京」の独特の表現も教えますよ。

~スタッフより~
退職されていて、比較的時間に余裕のあるご夫婦ですので、中 国語の勉強なども熱心に見て下さいます。

董さん(ホストファミリー)
家族構成:お父さん(董力)、お母さん(陳梅)、 息子(董明)
職 業:大学職員・大学職員(退職)


董さんのコメント:
日本語の勉強をしていたことから、日本や日本人にはとても親しみを感じています。 中国語に不安のある方も、安心して下さい。家は、北京の中心にも近いので、生活も便利だと思います。

~スタッフより~
大学の留学生オフィスでお仕事をされており、外国人にもなれていらっしゃいます。親日家の一家ですので、日本のこともいろいろ教えてあげると喜ばれるでしょう。
馬さん(ホストファミリー)
家族構成:お母さん(馬美鈴) 娘(李智英)
職 業:大学職員

馬さんのコメント:
大学の留学生オフィスに勤めています。日本人の学生に接することも多く、私も娘も日本にはとても興味を持っています。 時間があるときは、一緒に料理を作ったりして楽しく過ごしてもらえればと思っています。

~スタッフより~
お母さんと娘さんの2人暮らしの暖かい雰囲気の家庭です。 娘さんも日本に興味を持っていらっしゃるので、仲良くしてお互いにいろいろと教えあうのも楽しいかも知れませんね。

高さん(ホストファミリー)
家族構成:お父さん(高塁)、お母さん(李雪梅)、 息子(高暁波)、おばあさん(陳玲)
職 業:会社員


高さんのコメント:
両親ともに働いていますが、家には息子とおばあさんがいるので安心してください。日本人はとても礼儀正しいという印象があり、家族全員親しみを持っています。息子も日本の漫画が大好きなんですよ!

~スタッフより~
三世代で楽しく暮らしている家庭です。笑い声のたえない明るい家族の仲間入りをしてみませんか。

王さん(ホストファミリー)
家族構成:お父さん(王寧)、お母さん(江慧)、 息子(王志輝)
職 業:学校の先生・主婦
(江慧)

王さんのコメント:
私達の家でホームステイをしませんか?息子はまだ小さいですが人見知りしないので、ぜひ一緒に遊んであげてください。日本の文化に興味があり、一緒に料理を作ったりおしゃべりしたりしたいです。

~スタッフより~
もこれまでにも何度か日本人を受け入れたことのある家庭です。家もとてもきれいで広く、家族の方もとても優しく接してくれます。

ホームステイ留学に参加した先輩の体験談 ~ 滞在先のご紹介 ~

ホームステイの体験談を見る

佐藤淳一さんの体験談
佐藤淳一さん~大学3回生(中国語専攻)  春休みを利用して、北京で2週間のホームステイ~
初めての中国で、不安もありましたが事前に家族の情報を教えてもらったりし、現地でも安心して過ごすことができました。リビングやキッチン、トイレも清潔で、近くにスーパーもあり、便利でした。

ホストファミリーはお父さん、お母さん、大学生の息子の3人です。週末はみんなで食事をしたり賑やかに過ごしました。最初は意志の疎通が難しいときもありましたが、慣れてくると自分の語学力のUPを感じることができました。また、実際に中国人と生活をともにし、中国の習慣や一般の人の考え方も知ることができたと思います。

ホストファミリーの友人を紹介してもらったり、一緒に食事に出かけたりすることもあり、様々な中国人と接することができた上、皆さんに本当に親切にしてもらい良い体験・思い出ができました。
松下理恵さんの体験談
~大学卒業後、北京で3ヶ月間のホームステイ~
以前は短期の語学研修で北京に行ったことがありました。今回、ホームステイという形で久々に訪れた北京。ほんの数年ぶりなのに、北京の街は驚くほどの変化していました。オリンピックに向けて、街全体が活気づいているという感じです。

ステイ先はお父さん、お母さん、私と同じ年の娘さんの3人家族。最初の日、お父さんお母さんを「おじさん、おばさん」と呼んだら、お父さんが「パパママって呼べ、私たちはおまえの北京でのパパとママなんだよ」と言ってくれました。

お父さんもお母さんも、とても優しく接してくれ、本当に北京にもう一つ家族ができたような気分でした。お母さんには、中国の家庭料理もよく教えてもらい、一緒に買い物に行ったり、ご飯を作ったり。とても料理上手な方だったので、3ヶ月ですっかり太ってしまったことが唯一困ったことでした。 娘さんも、いろんなところに遊びに連れて行ってくれたりと、外国人はなかなか見ることのできない「中国」を見ることができたと思います。
山本美佐子さんの体験談
山本美佐子さん~大学2回生(国際学専攻)  夏休みを利用して、北京で10日間のホームステイ~
中国語を勉強して1年、覚えた中国語が通用するのかどうか実際に中国へ行って話してみたいと思い参加しました。 初めての中国・初めてのホームステイで不安はありましたが、ホストファミリーは本当に優しくてすぐに打ち解けることができました。いつも笑顔で接してくれて、毎日が本当に楽しくて、10日間しか一緒に過ごせませんでしたが最後は別れるのが寂しくて泣いてしまいました。

一緒に買物に行ったりご飯を食べたりおしゃべりしたり…言いたいことがうまく言い表せないもどかしさを感じながらも、「なんとか伝えよう!」と身振り手振りも交え筆談しながら必死に頑張りました。伝えたい!と思う気持ちがあれば言葉の壁は乗り越えられるものなんですね。お父さんもお母さんも私の話を聞いて、うなずいたり笑ったりしてくれていました。

中国人の優しさに触れられて、また中国語を話す度胸がついて、短い間でしたがとても有意義に過ごすことができました。これからも中国語の勉強を続けていきます。そして、またホストファミリーに会いに行きます。
中村翔さんの体験談
中村翔さん~大学4回生(経済学)  就職活動終了後、北京で2週間のホームステイ~
ホームステイをして一番良かったことは、現地の人とたくさん触れ合う機会があったことです。ホストファミリーの家は、友人やご近所さんが集まる憩いの場となっているようで、たくさんの人がよく家に遊びに来ていました。みんな自分の子どもを連れて遊びにくるので、いつも本当ににぎやかでした。おかげでホームシックにかかることありませんでした。

子どもはとても無邪気で、相手が外国人だろうとすごい速さでしゃべりかけてきます。その言葉を聞きとろうと毎日頑張っていたら、いつの間にかリスニング力が伸びて、大人の話す中国語やニュースもだいぶ聞きとれるようになりました。

家に遊びに来る人と一緒に色んな所に出かけたり、子どもの誕生日会があったりして現地の文化や生活に接することができました。子どもの誕生日会では、すき焼きを作ってあげたら大喜びしてくれたのでよかったです。

すごい速さで発展している中国で、現在の生の中国を体感できてとても満足しています。また、中国の家はマンションが多いと聞いていたので部屋も小さいのかと思っていましたがそうではなく、使わせてくれた1人部屋も1人で使うには大きすぎるぐらいでした。
引用元:中国留学ナビ ホームステイ 体験談

ページの先頭へ
EditRegion7