秋山美保さんーワーホリ型短期留学の参加者の体験談をご紹介。
ナビのロゴ
  • お問い合わせ 資料請求 お申込み 説明会情報 メルマガ
  • 安心サポート よくある質問
ワーキングホリデー型留学中国語 強化集中コースの授業1中国語 強化集中コースの授業2

卒業生の体験レポート(秋山美保さん)   ~ ワーホリ型短期留学 ~

秋山美保さん
お名前 出発前の状況 留学 時期
秋山美保さん 大学生

ワーホリ型短期留学

2011年春
本当に使える中国語を求めて

Q1: 留学しようと思ったきっかけは何ですか?

秋山美保さん私は大学で中国語を専攻していましたが、やはり大学で勉強していても、どこかいつも単位を取るためだけのやっつけ仕事で、本当に身になっている感覚も無く、実際に中国で使えるという実感も無いままでした。

せっかく勉強しているのに、これでは中国語専攻だと胸を張って言うことができない、また、日本以外の場所で生活し肌で何かを学んで来たいという思いから、今回の留学を決意しました。

Q2: 中国語の授業や現地での生活はいかがでしたか?

留学が始まってみると、やっぱり分からない事だらけで、喋る自信もなく、中国人の早い中国語が全く聞き取れず、不安だらけでした。しかし、授業で習った単語や表現が出てきた時は、現在勉強している事が実際使えるということを実感でき、またレストランのメニューからでも、今まで大学の勉強では決して出てこない単語を覚えることもできました。

生活に慣れてくると、自力で中国人の友達も作れるようになり、自信に繋がりました。何よりクラスメイトが皆良くしてくれて、授業も本当に分かりやすく、先生の指導がとても良かったのが、私の留学の支えになりました。とても感謝しています。

Q3: これからインターンシップが始まりますが、意気込みを教えてください。

北京の公園今度は夏からインターンシップが始まります。中国語と英語の両方をビジネスの場で実践的に使うこのチャンスを生かし、語学力を向上させたいです。また、私は実際にホテル業界にも興味があるので、本格的な接客業やマナーを学びたいと思います。

Q4: 最後に、これから留学する日本の皆さんへメッセージをお願いします!

これから留学を考えている皆さんは、「何でも挑戦してみる」という気持ちで留学に来て欲しいと思います。恥ずかしがってモジモジしているなんて勿体無いです。日本で出来ないことが、中国には沢山あると思うので、少し無理かもしれないと思っても、とりあえずやってみることが大切だと思います。 留学は、中国語はもちろん、それ以外にも沢山のことを学ぶチャンスです!

中国留学の体験談トップ


EditRegion7