梅田和さんーワーホリ型短期留学の体験談をご紹介。
ナビのロゴ
  • お問い合わせ 資料請求 お申込み 説明会情報 メルマガ
  • 安心サポート よくある質問
ワーキングホリデー型留学中国語 強化集中コースの授業1中国語 強化集中コースの授業2

卒業生の体験レポート(梅田和さん)    ~ ワーホリ型短期留学コース ~

梅田和さん
お名前 出発前の状況 留学 時期
梅田和さん 大学生

ワーホリ型短期留学

2011年春
留学とインターンで、就職力を高めたい!

Q1: 語学留学と中国インターンをしようと思ったきっかけは何ですか?

留学生仲間との食事会:梅田和さん私が中国留学を決めたのは大学で中国語を受講していたこと、大学に多くの中国人留学生の友人がいたことがきっかけでした。勉強していくうちに興味が高まり、また中国人の友人と会話をすることで楽しさを知り、もっと話せるようになりたいと強く思い留学を決意しました。

また語学留学後には実践できる場で勉強したかったので、留学+インターンのプログラムは大変魅力的でした。

Q2: 中国での留学をスタートした頃はどうでしたか?

以前大学で勉強していたものの、日常的に中国語を話すということに慣れていなかったため留学当初は大変苦労しました。大学の食堂、街に出て道を尋ねた人、何度大きい声で"何??!"と言われたか分かりません。自分の曖昧な発音・・最初はくじけそうでしたが、中国のパワーを感じ、強く自信を持って生きていかなければならないと感じさせられました。 そんな中国語には絶対に欠かすことのできない発音も毎日授業を受けていく中で、先生方が1人1人しっかりと指摘してくれるので徐々に慣れていきコツをつかむことができました。

Q3: 現地で中国語を学ぶメリットは何と感じましたか?

北京の街授業以外では教科書の予習・復習はもちろん、放課後に日本語学科の中国人学生との相互学習、休みの日には一緒に出かけるなど、会話の時間をなるべく多く作るようにしていました。会話の中では言語以外に文化や習慣についても学ぶことが多かったです。

また宿舎では空いた時間にテレビをつけていたのですが、話の内容が簡単な子供番組をよくみていました。留学最大のメリットは、授業以外も全て勉強になること。食堂・買い物・テレビ・電話など、毎日学べることはたくさんです。 そして相手に通じた時、上手く話せた時の喜びがもっと頑張ろうという自分のモチベーションに大きくつながっていたのだと感じます。

Q4: 中国でのインターンや今後の目標をお聞かせください!

将来的には中国語を使い、今回の留学で学んだことを活かせる仕事に就きたいと考えているので、そのためにもこれから半年間、国際的な場であるインターン先でコミュニケーション能力、中国の社会、ビジネスなど多くのことを学んでいきたいと思います。

現地でしか学べないことをたくさん吸収し、広い視野を手に入れたいです。

中国留学の体験談トップ


EditRegion7