南京理工大学-中国の大学情報
ナビのロゴ
  • お問い合わせ 資料請求 お申込み 説明会情報 メルマガ
  • 安心サポート よくある質問

pink南京理工大学

大学の特長

南京理工大学の庭園風キャンパス兵器技術に関する人材育成で知られる重点大学です。

機械、化学工業、コンピューター、理学など理系、工業系の学部を中心とする大学でありながら、経済、人文社会科学、外国語、設計芸術など文系学部もバランスよく備えた総合大学です。

キャンパスの北側には、紫禁山があり、落ち着いた雰囲気です。

  • 大学の概要
  • 留学コース

大学の概要

基本情報

1953年に中国人民解放軍の「軍事工程学院」を前身として創設され、のちに「華東工程学院」、「華東工学院」などに改称された後、1993年から現校名「南京理工大学」となりました。

北は紫金山、西は観光スポットとなっている明朝時代の城壁に隣接しており、キャンパスの敷地面積は約208万平方メートルに上ります。

動体物理学の実験室は、国家の重点実験室にも指定されており、常に最先端の学問ができる環境が整えられています。機械エンジニアリング学院、化工学院、コンピュータ科学エンジニアリング学院、経済管理学院、デザイン芸術・メディア学院、エネルギー・動力エンジニアリング学院、理学院、外国語学院、人文・社会科学学院、国際教育学院など14学院があり、本科は66専攻に分かれています。

【沿革】
1953年: 前身の「軍事工程学院」創立
1966年: 「華東工程学院」に改称
1984年: 「華東工学院」に改称
1993年: 現校名「南京理工大学」に改称

【留学コースの紹介】
中国語コースおよび本科・大学院コースで留学生を受け入れています。中国語コースは短期・長期の普通クラス、1年制の強化クラスのほか、学習目的やニーズに応じてオーダーメードでカリキュラムを組めるコース(10人以上の団体が対象)もあります。

住所
江蘇省南京市孝陵衛200号
サイトURL
http://www.njust.edu.cn
生徒数
電話番号
86- 25‐84315466
mail

創立年

アクセスの方法

南京禄口国際空港駅からリムジンバス1号線乗車、バス停「西華門站」で下車、約400m歩いて、地下鉄「西安門站」より地下鉄2号線(経天路行き)に乗車、「孝陵衛站」で下車し、2番出口から徒歩約800mで南京理工大学到着です。

留学生寮の情報

一人部屋の費用
18,000元/年
二人部屋の費用
9,000元/年
三人部屋の費用
6,000元/年
一人部屋の設備
二人部屋の設備

三人部屋の設備

留学生事務所

住 所
210094 南京市孝陵衛200号
メールアドレス
zhuping@mail.njust.edu.cn
電話番号
86-25-84303232
FAX
86-25-84315134

大学の施設

生活情報

病院
最寄りは500mほどの場所にある総合病院、南京理工大学医院です。
銀行
中国工商銀行や中国建設銀行など、複数の銀行の支店が1km圏内にあります。
郵便局
学校の正門から約400mの場所に中山陵郵政があります。
買い物
好又多超市、江蘇省教育超市など、食品や日用雑貨を扱うスーパーが徒歩圏内に複数あります。

留学コース

語学留学

授業計画

中国語の語学留学プログラムでは、2、4、6週間の短期クラスも開講しています。
長期留学の場合は通常16週間で、週に20時間の授業が開講されます。また、HSKの補講クラスもあります。

授業内容

初級クラス
初級中国語、リスニング、会話、閲読など
初級クラス
中級中国語、リスニング、新聞閲読、応用会話、応用作文、ビジネス中国語など
中級・上級クラス
上級中国語、新聞閲読、ディスカッション、応用作文、ビジネス中国語など

学習期間

春季
2月中旬~
秋季
9月中旬~

入学条件

年齢
16歳以上
学歴
その他条件
中国の法律、規則、大学の規律を順守すること

必要書類

1.入学申請書
2.外国人体格検査表(留学期間が6ヶ月を超える場合は要提出)

費用

学費
8,500元/学期、15,500元/年
保険
申請費
500元
その他の費用

本科留学

本科留学の専攻分野

専攻分野
工業設計 機械工程および自動化※ 測控技術と計器 車輛工程 交通工程 工業工程 飛行器設計と工程 芸術設計 マテリアル化学 高分子マテリアルと工程 環境工程 安全工程 化学工程と工芸※ 制薬工程 生物工程 応用化学 通信工程 電子情報工程※ 電子科学と技術 光電情報工程 計算機科学と技術 網絡工程 ソフトウェア工程※ エネルギーと動力工程 建築環境と設備工程 電気工程およびその自動化 オートメーション化※ 情報と計算科学 数学と応用数学 応用物理学 光電情報工程 土木工程 工程力学 マテリアル科学と工程※ マテリアル成型および控制工程 マテリアル物理 経済学 国際経済と貿易※ 金融学 工商管理 市場営銷 会計学 人力資源管理 情報管理と情報系統 電子商務 公共事業管理 法学 ラジオ・テレビ新聞学 英語 放射能防護と環境工程 真空電子技術 ナノマテリアルと技術※ 新エネルギー科学と工程 マイクロエレクトロニクス学

学習期間

春季
秋季
9月~(4年)

入学条件

年齢
25歳未満
学歴
高校卒業以上
その他の条件
高い道徳観を持ち、中国の法律、規律、大学の規律を順守すること

費用

学費
18,000元/学年(中国語での受講)
27,000元/学年(英語での授業)
保険
申請費
500元
その他の費用
400元~600元/学年

大学院留学

大学院留学の専攻分野

専攻分野
機械工程および其自動化、機械電子工程、機械設計および理論、車輛工程、精密計器および機械、測試計量技術および計器、物理化学、マテリアル学、応用化学、光学工程、物理電子学、電路とシステム、マイクロエレクトロニクス学と固体電子学、電磁場とマイクロウェーブ技術、通信と情報システム、信号と情報処理、生物医学工程、モデル識別とインテリジェンスシステム、コンピューターソフトウェアと理論、コンピューターシステム結構、コンピューター応用技術、ソフトウェア工程、金融学、産業経済学、国際貿易学、労動経済学、管理科学と工程、会計学、企業管理学、金融修士(専業学位)、国際商務修士(専業学位)、会計修士(専業学位)、流体力学、工程力学、工程熱物理、エネルギー工程、冷却および低温工程、通風および空調設備、武器システムと運用工程、兵器発射理論と技術、統制理論と統制工程、基礎数学、計算数学、概率論と数理統計、応用数学、戦略学と統制論、原子と分子物理、プラズマ物理、凝聚態物理、声学、光学、統計学、一般力学と力学基礎、固体力学、流体力学、工程力学、土木工程、光学工程(専業学位)、計器儀表工程(専業学位)、建築と土木工程(専業学位)、英語言語文学、外国言語学および応用言語学、翻訳(専業学位)、民商法学、社会学、高等教育学、行政管理、社会業務修士(専業学位)、マテリアル物理と化学、マテリアル学、マテリアル加工工程、マテリアル工程(専業修士)

学習期間

春季
秋季
9月~(2~2.5年)

入学条件

年齢
修士:35歳以下
博士:40歳以下
学歴
修士:学士を取得していること
博士:修士を取得していること
その他の条件
高い道徳観を持ち、中国の法律、規律、大学の規律を順守すること

必要書類

1.入学申請書
2.パスポートのコピー
3.最高学歴卒業証明書(中国語か英語)
4.最終学歴成績証明書(中国語か英語)
5.研究計画(中国語か英語で800文字以上)
6.教授、または准教授からの推薦書(教授の連絡先入り)2通
7.学術論文やその他学術的成果を証明する書類
8.6ヶ月以内に作成された外国人健康診断書のコピー

費用

学費
修士:24000元/学年(中国語授業)・36000元/学年(英語授業)
博士:36000元/学年(中国語授業)・45000元/学年(英語授業)
保険
申請費
500元
その他の費用
教材費:400元~600元

奨学金制度

中国政府奨学金

金額
申請資格

南京市政府・南京理工大学共同奨学金

金額
A等5,000元~75,000元/年
B等20,000元~40,000元/年
C等10,000元~20,000元/年
申請資格
中国国籍でないこと、健康であること、本科生は28歳以下/修士は35歳以下、博士は40歳以下であること、成績優秀者であること、中国の法律、規則、学校の規則を順守すること、他の中国政府の奨学金を受領していないこと

調査時期:2013年11月


cページの先頭へ
EditRegion7